nanto-e.com archive

走る!薬剤師・草ピーの日記

南砺市の薬局、薬剤師・草ピーのブログです。 仕事のこと子供や家族のことなど楽しく気長にブログを続けたいと思っています。

生誕100年!

2011年02月07日
今日は私の亡き祖父(野村誠四郎)の誕生日。
明治44年(1911年)生まれ。
元気だったら、今日はちょうど100歳になる日でした。

私が一番尊敬できる人物が祖父で、
祖父がいたから私も薬剤師の道を選んでいたのだと思います。

私が大学4年の時に祖父は亡くなりましたが、
早く薬剤師になり店の後継ぎになってくれるのを楽しみにしていたようです。
あと2年ほど長生きしてくれたら、祖父と母と私と3代で一緒にお店に立てたのにと思うと残念に思います。

祖父が作ったこのお店で現在働けることを誇りに思い、
祖父の遺志を継いでずっと頑張っていきたいと思います。

大相撲八百長問題

2011年02月08日
毎日のようにニュースやワイドショーで大騒ぎされている
「大相撲八百長問題」。

私は「相撲=スポーツ」として見てきたので、
お金が絡む八百長相撲はもちろん、お金が絡まない星の貸し借りや故意による無気力相撲にしても、
やっぱり「裏切られた!」そんな気がしてなりません。

地方巡業に関しては、興行要素もあっていいと思いますが、
本場所はスポーツとして、
やはり「真剣勝負!」であるべきと思います。
新聞のスポーツ欄にあんなに大きく載るんだよ!
やっぱりスポーツじゃなきゃダメでしょう!!

祖父母が相撲好きだったので、私も子どもの頃は
相撲中継よく見ていました。
柔道と違って体重別の区切りがなく、
身体の小さな力士が巨漢力士に向っていき倒すのが楽しかったですね。
私が好きだった力士は、寺尾、霧島。。
テレビの前で祖母と一緒に応援していたのが懐かしいです。

昔から八百長は当然あったということで、
ネットでも過去の大横綱も八百長の常連とされています。
伝記にもなって本で読んだことのある力士、
国民栄誉賞までもらった力士の名前まであります。
八百長で星を重ね、記録と名誉を作って得た国民栄誉賞だったら、いかに本物らしい相撲に見せたかの演技賞?として貰ったのでしょうか?

過去にさかのぼって調べ、
八百長に関わった人を除名処分にするとなると、
現在の親方や幕内力士まで大勢処分され、
大相撲はなくなってしまうので、そこまで明らかにする必要はないと思いますが、
協会は過去にも八百長があった事実を認め、
新しい相撲協会として再出発してほしいです。

現在は幕下、十両力士の名前ばかり出ていますが、
全体にあったことならば
一部の力士だけ処分されるのは本当にかわいそうです。

私自身、今後、大相撲が再開されても多分中継は見ないと思うし、どんな大記録が作られようと冷めた気分でしか見れないと思います。
今後の動向を見守りたいです。

跳び箱

2011年02月09日
私の小学校時代の体育の授業といえば、
「スキー」が多かったのですが、
今の小学生はスキーの授業はほとんどありません。
学校の「スキー遠足」に行ったらそれでお終い。

それで、冬の体育の授業は、
高学年はバスケットボールなどが多いのでしょうが、
低学年はマット運動や跳び箱の授業になります。

運動が大好きで、運動神経も悪いほうではないと思う次女なのですが、跳び箱だけは・・・大の苦手!
低学年の時の跳び箱の授業で、手の付き方が悪く、
手首をねん挫して、それから恐怖感が先に出てしまうみたい。。

バレーボールをやっていて、いつも飛んだり跳ねたりしているのに、跳び箱の前では足が止まってしまうようです。

跳び箱の授業の時は、目立たないように静かに、
いつも跳べないメンバーで他の人から離れて、
低い段で練習しているようです。

先生やクラスの男子にも、
「なんでこんな(低い)所で練習しているの?」
といつも驚かれるんだとか。。
「踏切を強く、手を遠くに付くこと!」と
家でアドバイスもしているんですがね。。

先日、「今日はやっと5段跳べた!」と喜んで帰ってきました。
なんかのキッカケがあって急に跳べるようになると思うのですが、また頑張ってほしいです。

ひと足先に、上映会!

2011年02月10日
今日は次女が「じょうはな座」で映画をみる!と
楽しみに登校していきました。

なんの映画だろう??と思っていたのですが、
城端のピーエーワークスさんが制作した、
「とやま県民家庭の日」のPRアニメ
『マイの魔法と家庭の日』

ひと足早く特別に見せて頂いたようです。

子どもにとって先生が言われる「特別に」という言葉は
魔法のように感じるみたい。。
次女は家でも興奮気味に「特別に見せてもらった!」と大騒ぎしていました。

公式サイトには、上映情報もありますが、
2月20日(日)富山テレビ 午後2:25から
2月27日(日)KNB  午後1:00から
3月21日(月)チューリップテレビ 午後3:00から
県内のケーブルテレビでも放送されます。
アニメは30分。

3月下旬にはインターネット配信もされるそうですし、
県内の小中学校、保育園、幼稚園、図書館にはDVDも配布されるそうです。

城端にピーエーワークスさんという素晴らしい会社があるので、我が子たちは随分「特別に・・」いろんな体験させていただいています。
「レイトン教授」の試写会もあったしな。。
子どもたちのうれしい顔をたくさん見れました。
ありがとうございます。

テレビカメラや新聞社もたくさん来ていたそうなので、
明日の新聞にも載っていると思います!

奇跡を信じて

2011年02月25日
ニュージーランド・クライストチャーチ市での地震のニュース。

初めは外国での地震で興味もなかったのが、
富山外国語専門学校の学生が被災したと聞いてからは、
他人ごとでなくなりました。

知人が含まれていたわけではないですが、
同じ富山県人として、子を持つ親の気持ちとして、
胸が痛くて、ショックでブログも更新できる気分ではなくなりました。

生存者あり。。の情報を待つ一心で
ニュースも細かくチェックしているのですが、
今日はまた逆に、一度は「安否確認」としていた富山外国語専門学校の2人が「安否未確認」訂正されました。
現場も大変混乱しているのだと思います。

まだまだ奇跡を信じています。
救出のニュースを待っています。

東京マラソン

2011年02月27日
今日は東京マラソンが行われました。
もちろん、申し込みはしていませんから、朝から家事をしながら、TV中継を見ていました。

2007年から行われているこの東京マラソン、
2007年には申し込みが95,044人だったのが、
2008年には156,000人になり、2009年262,000人、2010年311,000人、今年は335,000人。

マラソンの定員が32,000人で約9.2倍、10kmは定員が3000人で倍率が13.6倍という事です。

10kmくらいなら、まあ走れそうな気はしますが、
フルマラソンとなると、そうとう練習しないと厳しいですね。。
でも、スタート直後の市民ランナーの皆さんの表情は生き生きと楽しそうで羨ましく感じました。
世界選手権の選考レースにもなっているから、勝負をかけている選手もたくさんいるのでしょうが、
スタート直後の後方のランナーはお祭り状態で楽しそうでした。

私の学生時代の同級生で小さな体ですが、
結婚後からご主人と一緒にマラソンを始めた友人がいます。
毎年送られてくる年賀状に、
「今年はフルマラソン走りました。」
と書いてあり、この36000人の中に、もしかしたらいるのかなあ。。と思って見ていました。

「私もマラソン、始めようかなあ。。」とつぶやくと、
「勝手にやれば!」と冷たい主人。
喘息持ちの主人はマラソン苦手なんです。

主人がだめなら、子ども達。。
長男は「無理!」と言いましたが、普段から運動している長女と次女は
「一緒に走ってあげる。。」と言ってくれうれしかったです。

大阪マラソンが10月30日に行われる予定で、
2月15日から受け付けが始まりましたが、
翌日にはもうエントリーが3万人を超え、抽選が決定したそうです。
マラソン人気、すごいですね。

私の目標は、2012年3月の京都マラソン。
古都京都の景色を楽しみながら走れるなんて素晴らしい!
ここで、いろんなマラソンの要綱を見ていて、
年齢制限のあることに気付きました。
10kmは16歳以上、マラソンは19歳以上が東京マラソンの基準で、どのマラソンも似たような基準だと思います。
子どもたちがこの年齢になるまで待ってたら、
私ちょっと厳しいかも。。

雨の中のつごもり大市

2011年02月28日
毎年恒例の「城端つごもり大市」が行われました。
先週はお天気続きだったのに、今日は朝から残念な雨。。
しかも肌寒く、例年より静かなつごもり大市となりました。

今日のスケジュールは

10:00〜 城端小学校4年の店
10:00〜つごもりdeフリマ
11:00〜千円大市
11:20〜城端じゃんとこじゅにあ演舞

正午頃もちつき、
つごもりうどん販売

13:00〜林道美有紀&小泉こうのすけミニライブ
14:00〜コンプレッサーマジックショー


雨の中、我が家の次女を含む城端小学校4年が学校から歩いてきて、予定時間より少し遅れて
城端小学校4年の店が開店しました。

「ミサンガ」「ストラップ」「アクリルたわし」「マスコット」など、
4年生が主に手作りした品物を10円から50円の格安で販売するのですが、
今日は例年に比べ、お客様が少なく子どもたちも大苦戦。。


出張販売をしている子どもたちもいました。
悪条件の中でしたが、元気よく、楽しそうな顔をしていました。
もうちょっと天気が良ければよかったのですが。。
商売の難しさがよくわかったと思います。
それでも、全体で6,729円の売上げがあり、
このお金は全額寄付するそうです。

残念ながら、予定されていた城端じゃんとこじゅにあ演舞も雨のため中止。
むぎや祭り、学習発表会で発表し、4年生としては最後の発表で楽しみにしていたお客さまも多かったのでしょうが残念でした。
天候のせいだから仕方ないですね。

ニュージーランド地震救援の募金も行われており、
わずかですが募金してきました。
作者 :  草ピー

このブログを通してたくさんの人と知り合いになれたらいいなと思っています。 コメントやメールもお気軽に!

2014 年
1
2
3
4
5
6
8
9
10
12
2013 年
1
2
4
5
6
8
10
11
12
2012 年
9
10
11
12
2011 年
10
2010 年
2009 年
1
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。